アロマセラピストのきままな日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い出の地 ジャマイカ
2008年08月22日 (金) | 編集 |
北京五輪でのジャマイカ勢の活躍、すごいですね。
(もちろん、日本勢の活躍も素晴らしいです。


ジャマイカといえば、私が初めて訪れた異国の地でした。


当時 「ジャマイカに行くの」 と言うと
「それ、どこ?」 と聞き返されてしまうことがほとんど。たはー


レゲエも今ほどメジャーではなく、
(・・・というか、それ何?って言われた時代です・・・)
旅行会社にも用意されたプランはないので、
ジャマイカ大使館から資料を送ってもらったり。


なぜジャマイカに?・・・ですが、
それは、主人が一度行ってみたい国、だったからなんです。


彼はとても音楽好きな人で、
私が知らない、いろんなジャンルのものを聴いていて、
その中にレゲエもあったのですが、
その当時の彼のレゲエに対する、ジャマイカに対する思い、
というのがとても強かったのです。
(私は、ジャマイカは中米にあるらしい・・・って程度でした


この旅の一番大きな目的は、
ジャマイカで行なわれる
「レゲエサンスプラッシュ」に行くことでした。


レゲエサンスプラッシュはオールナイトで数日行なわれ、
夜始まって朝7時ごろに終わる、
いわばレゲエのお祭りみたいなものでした。


初めて会場に足を踏み入れたとき感じたことは
「なんか、子どもが紛れ込んだみたい・・・」でした。
       (↑私のことです)
ちょっとしたカルチャーショックでした。


ジャマイカではたくさんアクシデントがあったのですが、
一番大きなアクシデントは、
おでこを5針縫ったことでした。


バスタブでひっくり返り、トイレのタンクでおでこをぶつけ、
パカッと開いた傷口・・・


翌朝ドクターが部屋に来てくれて
傷口を見ながらナースに話している会話を聞いてゾッ!


今 ステッチって言ったよね・・・


その場でチクチク縫っていただきました・・・。


ホテル内でこのことは申し送りされていたようで、
外出先から部屋に戻ったら、
バスタブの中に滑り止めのマットが敷いてありました。

その後、何人ものホテルマンから
「大丈夫?」って声をかけてもらって・・・

痛かったけど、温かい思いも体感できました。


印象的なこと、といえば、
ホテルで働く女性から香ってきた香り・・・
今でもかすかに記憶はあるのですが、
どの女性もみんな同じ香りでした。
(ちょっとアロマセラピストらしき話題?


ときどき街で似たような香りに出会うと
ジャマイカでの日々が思い出されます。わほー


アクシデントといえば、
飲み物の氷にあたってかなり苦しい思いをしました。
水には気をつけていたのですが、
氷はノーマークでした・・・。
ジャマイカでの食べ物の記憶はほとんどありません・・・

それと帰りの飛行機が2日飛ばず、2日延泊しました。
これにも参りました・・・


あっ、今 思い出したことがひとつ・・・
スーツケースが1日遅れて到着しました。
(蘇った記憶ですっ)
幸い、機内に持ち込んだ荷物の中に1日分の着替えが入っていたので
なんとかなりましたが・・・


なんだか感慨深い思い出のある地です。


いつもご覧いただきありがとうございます。
↓ ここをクリックしていただけると励みになります

banner_02.gif

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。