アロマセラピストのきままな日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実のなる植物に囲まれて
2014年01月08日 (水) | 編集 |
今まで気づきませんでしたが

主人の実家の周りには 実のなる植物がたくさんありました。



ピラカンサ


ピラカンサ


私は「ピラカンサス」と記憶していました。

どうやら「ス」は 複数を意味する「S」のよう。







マンリョウ


マンリョウ


正月の縁起木。

一両・十両・百両・千両もあるようです。







マサキ


マサキ


秋に果実が熟すと 

裂開して橙赤色の仮種皮におおわれた種子があらわれます。

可愛らしい感じっ 







センダン(栴檀)


センダン


栴檀は白檀の中国名とのことで

「栴檀は双葉より芳し」のことわざは、白檀を指し示すよう。

白檀は 発芽の頃から香気を放つことから

大成する人は幼少のときから優れているというたとえ。


白檀と言えば、サンダルウッドですね








シャリンバイ


シャリンバイ


和名は 車輪梅。

枝の分岐する様子が 車輪のスポークのようで

花が梅に似ることから その名がついたようです。





意識して 実のなる植物を植えたのか否かは聴き忘れましたが

実のなる植物に囲まれて生活しているというのは

豊かなことだなぁ~と改めて思ったのデシタ 





新年には 父が作ったしめ縄が飾ってありました。


しめ飾り


来年は わが家の玄関用に作ってもらお~っと 





いつもご覧いただきありがとうございます。

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。