アロマセラピストのきままな日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈良の旅<仏閣編>
2010年04月08日 (木) | 編集 |
当麻寺(たいまでら)、長岳寺(ちょうがくじ)、聖林寺(しょうりんじ)

室生寺(むろうじ)へ 



今回はちょっとマイナーなお寺巡り 



今まで仏像を厳かな気持ちで見ていたのを

今回はちょっと違う視点から見てみました 

(かなり好みが出ているレポになってます  )




当麻寺は金堂におさめられている「邪鬼」が見もの 


当麻寺


四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天)に踏まれている邪鬼


特に多聞天の下にいる邪鬼のパフォーマンスに目が釘付け。



講堂の「阿弥陀如来」も左右でお顔の印象が違っていて

興味深いものです 




聖林寺には、国宝の「十一面観音像」がいます。

聖林寺



ガラスケースの中の十一面観音は美しい 


ミロのビーナスとも比較される優作なんだそうです。



その場をご一緒した、おひとりで来ていた男性は双眼鏡を持参。


「あの~双眼鏡、お借りできますか?」と言いそうになった私 


十一面の表情をよ~く見たかったのですが、ぐっとこらえました 

(次の見仏の時には持参しよ~っと  )


こちらのご本尊の「子安延命地蔵菩薩」はなかなかの迫力。

目の前にすると、一瞬言葉を失うくらいの・・・ 


HPからも見れますが、残念ながら迫力は伝わらないな~ 




長岳寺は、弘法大師によって創建されたお寺。


長岳寺



こちらの阿弥陀如来は「玉眼」を使用した仏像としては最古だそうです。


だからとってもリアルな感じ。




室生寺のメインは金堂でした。


室生寺



ココの十二神将がお気に入り。


それぞれの仏像の物思うさまがなんともユーモラスですっ。


ここへは修学旅行で来たことがあるという主人。

懐かしそうでした 



いやぁ~、楽しかったですっ 




いつもご覧いただきありがとうございます。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックしていただけましたら励みになります。

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
お寺
神社はたくさん行くのに、
寺院はまだ全然行ったこともないし
知識も無いのですごく参考になりますv-238
本当に一緒に色々行ってみたいですv-353
2010/04/08(Thu) 11:04 | URL  | surf27 #-[ 編集]
surf27さん♪
今回は仏を楽しく見てみましたっ e-454
そういう見方もあったんだぁ~って再認識してしまったくらい
なんだか新鮮でしたっ e-420

神社とは似ている感もありそうだけど別モノだよね、やっぱり。

いろいろと一緒に楽しみませう!! e-442
2010/04/08(Thu) 16:38 | URL  | rana #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。