アロマセラピストのきままな日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花柄シャツを着ているのは・・・
2010年04月21日 (水) | 編集 |
息子が中学1年生の時の家庭科の授業で

パッと見、年齢不相応っぽい課題がありました。



ブタさんがたくさんいる絵を見て 

ブタさんの性別を分け、そう決めた理由を書く というものでした。



プリントだけ見ると 小さな子がする ぬり絵の教材みたい。



これを何故中学生に  と ちょっと不思議に思っていました。




今年高校2年生になった息子、

先日の家庭科の授業で

またこのブタさんたちのプリントが出てきたそうです 


そしてまた同じように、性別を分け、理由を書くのです。



ブタさんの行動や、

持っているもの、着ているもので性別を判断するのですが、

ここに、花柄のシャツを着ているブタさんがいました 



普通なら、このブタさんの性別は 「女」

理由は 「花柄ブラウスを着ているから」なのでしょうが

当時中学1年生の息子は迷わず

性別は 「男」

理由は 「花柄シャツを着ているから」 と書いていました 



何故そうなるかというと、うちの主人 花柄好きなんです 


主人が着るシャツやイージーパンツなどには

花柄がついているモノがたくさんあります。



環境というのは面白いもので

その影響で、花柄=男のモノ 

という図式が息子の中にできていたみたいですっ 



で、高校2年生になった息子は

花柄シャツを着たブタさんになんて書いたかと言いますと・・・


性別は 「どちらもあてはまる」

理由は 「花柄シャツはどちらも着るから」 に変わっていました 


進化してますねぇ 



この教材、

実は心理的要素が含まれているふか~いツールなのかなぁ 

(機会があったら聞いてみたいものですっ




いつもご覧いただきありがとうございます。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックしていただけましたら励みになります。

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。